RSS | ATOM | SEARCH
20年間の謎が解明
 小学生の時、友達だったタケシ君と急に仲が悪くなった。

なぜそんな事になったのか、随分不可解だったのだが今日やっと解った。
僕が彼に発した言葉が原因である。

その言葉は、

「アタマ大丈夫か?」

でした。

こんな言葉を突然言われたら、たとえ友達でもイラッとするのは当たり前だとおもいますが、真意はこうです。

登校中に誰かが投げた雪玉が彼の頭に当たったのを目撃していたので、廊下ですれ違った時に僕が心配して彼にかけた言葉でした。

が、彼はおそらく「あんた馬鹿か?」という意味に誤解したのだ、という事に気がついた。

なので皆様も頭から血を流している人がいても「頭大丈夫か?」のご使用はご注意ください。

そして、どなたかタケシ君に会ったら伝えて下さい。あれは誤解であると。
元気にしているかなぁ。
author:イガ(トロンボーン), category:-, 13:27
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://igamako.jugem.jp/trackback/515